米国株 エヌビディア(NVDA)と自動運転

個別銘柄研究

 

今日はエヌビディア(NVIDIA)の紹介をします。

 

 

もともと、PCの3Dゲーム向けのチップの会社なんですが、、最近注目されているのは自動運転ですね。

 

ちょっとこの動画見てみてください。

 

 

 

 

電気自動車のテスラって聞いたことありますよね?

 

自動運転ってきくとなんだか眉唾物に聞こえますが、実際、上記の動画のようにすでに実用化段階にあるんです。

これって、カメラやセンサー、つまり人間の脳でいえば目や耳からとった信号が黄色になった、前の車がウインカー出した!

踏切の音が聞こえる!右側から人が!!とかいった膨大なデータを

人間でいえば脳で処理するところを、GPUを使ってデータを処理しているんですよね。

このGPUを作ってるのがエヌビディア。

孫正義のソフトバンク10兆円ファンドにも入ってるって聞いたこと、ありませんか?

ちょっと待って?パソコンの脳ってCPUじゃないんですか?

CPUなら、インテルでしょ?なんでゲームとか画像処理をしているエヌビディアのGPUがこの自動運転の頭脳役で使われるの?

CPUってパソコンにCORE i7とかシール貼ってませんか?

CPUはパソコンの頭脳なんですが、今までCPUはクロック数の増加(簡単に言えば計算スピードUP)を競ってきたのですが、

技術的な限界がきたため。(昔はPentium3で500MHzとか、、が今は2.5GHzとか)

コアつまり頭脳の数を沢山積んじゃおう!って発想に変わってきてるんですね。

例えば、100個の計算問題を一秒に1問解けるCPUがあって、100秒掛かりますよね。

 

 

 

処理スピードが倍になって、0.5秒に一問解けたら、50秒で終わります。

10倍の処理スピード計算を解ければ、10秒で計算が終る。

でも、処理スピードを10倍になんて、技術の限界で無理、、って時に、

一つのCPUのなかに、コアが10個あれば、5秒で計算が終るって考え方です。

 

なので、CPUは計算速度は速いんですが、同時に多数の物事を処理するのは苦手なんですよね。

 

で、GPUは商品のスペックにもよりますが、コアが3000個とかつまれているわけです。

エヌビディアのGPU仕様一覧表

 

うーん、言葉ではわかりにくいので、この動画を見たらすごいイメージがわかりやすいと思います。

 

 

すごいイメージわきやすいでしょうw


 

さて、、、世の中はもう自動運転の時代が目の前にせまってきている!

そうですが、、実際はまだ街中には走ってませんよね。

じゃあ、エヌビディアがなぜこれだけ注目され、孫正義も買っているのか、、

まず、売り上げを見てみましょう。

 

実は、エヌビディアって、20181Qの売上が19億3700万ドル(2130億円くらい)→1Qなので3か月分だけですよ!

今回発表された2019年1Qの売り上げは32億700万ドル(3527億くらい)

と、売り上げだけで65%も成長してるんですよね。

 

でも、伸びているところの大半ってどこでしょうか?

答えはGamingの部門です

NVIDIA の技術が任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」に採用されました

 

とか、日本ではゲーム人口が減少しているのであまりメジャーではありませんガEスポーツなんかもよく取り上げられてますよね。

つまり、今のエヌビディアの業績がもっとも伸びているのは、Gamingの部門と、データセンター部門。

これは、前のマイクロンテクノロジーのエントリでも紹介しましたが

 

ネット上に大量にアップされるデータ処理を捌くにはGPUが役立つからですよね。

 

で、AUTOつまり自動車の部門、32億ドルのうち、1.45億ドルしかないんですよ。

OEMってとこは、つまるところ、仮想通貨のマイニング向けチップですから、仮想通貨バブルが崩壊しても思ったほど影響はなさそうです。

エヌビディア側では、データセンター向けチップが2023年には500億ドル

自動運転の向けのチップが2035年までに600億ドル、1億台の自動運転車、1000万のロボットタクシーが走るとみています。

 

 

さて、、エヌビディアの2018年度の売上は97億ドルです。

2016年は50.1億ドル→2017年は69.1億ドル

一株当たり利益は

2016年1.58ドル

2017年2.07ドル

2018年4.83ドル

2019年予想コンセンサスは7.27ドルです。

 

今の株価245ドルで計算すると

2年前のEPS2.07ドルだと、PER122倍

去年のEPS4.83ドルだとPER50倍

今年の予想EPS7.27ドルだとPER33倍ですね。

 

以前は超高PERで手出しなんて出来るものじゃない、、、って思ってましたが、この利益成長ペースなら期待できるのではないでしょうか?

 


株式ランキング<

コメント

  1. […] エヌビディアと自動運転 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。