コンテンツと有料化、新聞って価値あるの?

マーケット雑感

ちょっと飲みすぎると途端に更新をさぼってしまいますね。

 

こんな記事が出てたので、、ちょっと考えたことを。

ネットフリックス最大のメディアに時価総額ディズニーを上回る

 

 

さすがにこのチャートは極端な気もしますが、、

 

ネットフリックスの時価総額は16兆円

テレビ朝日は2547億

 

フジテレビは4407億

 

売上だとか、利益の詳しい分析はしませんが、笑っちゃいますね。

 

日本の既得権益メディアの凋落ぶり?

まぁ、、伸びる分野ではないのはいわずもがなだと思います。

 

私、証券マン(33歳)なのですが、、実は金融マンのバイブルである日本経済新聞をあまり読みません。→良くて20分程度です。

こんなことを言うとお客様に怒られそうですが。。

世間様は、金融マンは日本経済新聞を隅から隅まで熟読しているものだ!!って思ってらっしゃると思います。

 

日経って、だいたい40ページ、字数に直すと25万文字あるといわれています。

 

さてさて、25万字っていうと、、新書2冊分くらいです。

毎日、新書でも文庫でも2冊読むのは相当な努力が必用ですよね。

 

なので、私が日経を読むときはほとんど見出しです。

そこから、気になる記事や、自分が知らない話題のところだけピックアップして、熟読するようにしています。

そうですね、、例えば、決算シーズンに全銘柄の決算を見るなんてことは物理的に不可能ですから、、

日経なら主だった企業の決算をある程度ピックアップしてくれているので、、見出しを見るってのが非常に助かります。


 

さて、、じゃあ、、、日経の購読料っていくらなのでしょうか?

日本経済新聞料金

 

私が契約しているのは、朝刊・夕刊+電子版の日経Wプランですが、、、

5900円です

 

さて、、5900円の新聞購読料で、どれだけの情報ソースにアクセスできるのか、考えてみましょう。

先ほどのネットフリックス

 

 

980円でHD画質の映画、ドラマ、さらには既存のメディアを上回る圧倒的な製作費によって製作されたオリジナルコンテンツ見放題

 

音楽は、、、アップルミュージックですよね

 

 

980円でツタヤいらず。

 

曲がないって、、思ったこと殆どありません。

 

情報ソースは???

 

NEWSPICKSがあれば、日経含め様々なオンラインコンテンツのピックアップ記事を読むことが出来ます。

↑しかも識者のコメントまで読める!

 

 

これで1500円。

NEWSPICKSって結構便利で、日経のソース以外にもさまざまな注目記事をリアルタイムにピックアップして、そこに識者のコメントがのっかってくるので、

自分の考え方の整理にも凄い役立つんですよね。

 

さて、、昔ながらのコンテンツって言えば。。

新聞

日経・朝日・読売・毎日・産経

ビジネス誌

日経ビジネス・東洋経済・週刊ダイヤモンド

これに日経ヴェリタスまで読んで、毎日モーニングサテライトみて、ワールドビジネスサテライトみて、ガイアの夜明けみて、、カンブリア宮殿も見て。。。

 

なんて、、昔ながらのコンテンツから情報を収集すると、、おちおちお酒も飲んでいられません。。。

 

先ほど紹介した、ネットフリックス、アップルミュージック、NEWSPICKS。。

 

これだけでも、980円+980円+1500円=3560円です。

既存のコンテンツ産業が崩壊するのは案外近いかもしれません。

 

40代オーバーの皆さま、週刊少年ジャンプ、コンビニで手に取ったらビックリしますよ?昔の半分の薄さになってますからね。

 

 

 


株式ランキング<

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。