証券マンとノルマ②

未分類

証券マンとノルマ①の続きです。

 

 

1000万の手数料を稼げ!!!と言われた時に、どうやったら稼げるのか。。

 

例えば、、、日本株を合計10億円買ってもらえば対面の手数料的には1000万近くになります。

 

投資信託を合計3億円販売すれば、3%なので、900万のお手数料を頂けます。

 

でも、、それって、すごく非現実的。

10億とか3億って、そんな簡単な数字じゃないですからね。

 

さてさて、、、できる証券マンは考えます。

1000万の手数料を達成したとしても、、、来月にはキレイにリセットです。

また1からのスタート・・・果てしない戦いが毎月繰り返されるんですよ。

今月の収益目標の1000万のノルマを達成するには。。。

ずばり、、計画です。

見込みといって、上司に一か月の計画を提出します。

誰で!何を!いくら!やるんや!!!!!いつまでに!!!

で、一か月・今週・今日ってな感じで毎日管理されます。

それで、、例えばこういう計画をたてるんですよね。

できる営業マンは上司に詰められる前に即答できるように見込表が頭の中で完成しています。

投信乗り換えで8000万×3%=240万

○○さんのUS-REITが1200万。2年前に分配が欲しいからって、買ったけど、分配金込みでなんとかトントン。金利上昇とタコ足でこのファンドはだめです!今の株が安いですから好景気の米国株式型投信で挽回しましょう

36万円

○○さんに現金出して買ってもらった日本株ファンド1500万→2000万

これからはインドです!人口の減る日本では長期的な成長は難しいです!

利益確定だから決まるやろ!

60万円

○○さんのシェールガスファンド。1200万→1000万

原油価格が回復しても、シェールガス業者は50ドルでヘッジしてるので利益が上がりません!これからはEV(電気自動車)の時代です!

新しいEV関連ファンドが出ます!これで挽回しましょう!

30万円

まだ、4200万か、細かい乗り換えしても5000万か、、あと3000万足りないな。。。

仕方ない、、奥の手やな、、

○○さん7ヶ月前に買ってもらった小型株ファンド、コンプライアンス的には一年未満の売却はダメだけど今のうちに利益確定したいって言ってもらおう!

お客さんの家でネゴして帰ったら課長に電話で意向確認してもらって部長に訪問して貰えば大丈夫だろう。。

先月の訪問時に急激に上がり過ぎて心配だから売った方がいいんじゃないか?っていう内容の記録も残してある。
よし。。これで乗換は8000万、、これで手数料240万。。

投信純増か。。

株式で動かせる支配玉(言えば損切でも利食いでもしていただけるお任せ玉)は売りたくないしな。。

→投信にしてしまうと1年は売却できないので、、お客様から頂く手数料効率が悪くなります。

去年〇〇さんに買ってもらったブラジルレアル債。。30万レアルか。。
クソ、、先月売っておけばよかった。。
レアルが34円やったら為替コスト150銭引いても利金たせば利食いなのに。。

まぁ仕方ない。

ちょっと損になるけど、他の玉と合わせてトントンで売るか!
これで1000万純増
レアル債の売りの為替手数料と債券の手数料で合わせて50万は読めるな。。

 

 



あとは、、〇〇さん。
いつも外国株でお任せしてくれて助けてくれるけど、、
来月で75歳やな。。

コンプライアンス的にはには難しくなるし、、上司もワザワザ面談してくれないからな。。

もう長期保有でいけるファンドにしておいてもらおう。
そうしたら動かせないからな。俺らが売買するより儲かるで!(今後、手数料貰えないけど。。)

これで外国株1000万売りと投信合わせて40万か。。

次回は残りの670万をどう稼ぐか考えてみましょう。

 

証券マンとノルマ③

 

コメント

  1. […] 証券マンとノルマ② […]

  2. […] 証券マンとノルマ② […]

  3. […] 証券マンとノルマ② […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。