元本保証の外貨建て保険~たのしみステップ~

投資の考え方

~2018/8/19追記~

 

どうもアクセス解析を見ていると、マーケットのブログのはずなのに、この記事が一番アクセスが多いみたいです。

と、いう事は銀行でこの商品を勧められて、どうしようかなーって考えてネットで検索した人が多いってことですね。

当サイトをご覧いただきありがとうございます。

金融機関に勤めていますので、よーく事情を知ったうえでの投稿です。

 


 

 

ノルマに追われてという言い訳をしながら今更金曜日の新聞記事をパラパラとめくってみると、、面白い記事を見つけました。

元本保証の外貨建て保険 三井住友銀・住友生命

 

↑日本経済新聞より

 

簡単にまとめると。

 

・外貨建ての元本が保証される一時払い個人年金保険(銀行と生保が共同開発?w)

・運用期間は10年で、運用先の社債などから得た利息の一部を、指数が下がっても損失が出ないデリバティブ(金融派生商品)の購入にあてる

→相場が下がっても元本割れすることはないという

 

「インデックス年金」と呼ばれる運用商品で、国内での取り扱いは初めて。

 

退職金などまとまったお金を運用したい50~70代を主な顧客層と想定

→ええそうでしょうね。まとまったお金を運用してもらわないと、手数料にならないですからね!

 

一般的な運用商品だと、加入後に相場が崩れ

上がっても、積立金が減り、相場が回復しても元の水準に戻るには一定の時間を要する。

 

インデックス年金だと、下がっても元本割れしない代わりに、デリバティブの購入料がかかるため、上がっても指数の伸びほど積立金は増えないという。

 

うわー、、またこんな判りにくいオプションまるまる丸儲けな現場の人間も理解できないような商品をよく考えたなぁ。。。

とんでもない情弱ビジネスじゃないか。。

米国債とUS-REIT②

 

にも書きましたが、、元本保証で、10年で資産を増やしたければ、米国10年債を10万ドル買えば、、

外貨ベースで3割は間違いなく増えるんですけど。。。?

 

簡単に言えば今の米国10年国債は3%程度の利回りですから。。

100000ドル×3%=3000ドル→税引き後2400ドル×10年=24000ドル

外貨で受取ったドルには外貨MMFというので運用できますから。。

24000ドルに対して約1.5%程度の利回りがつきますので。。

複利運用で30%程度のリータンが確実に期待できるわけです。

→当然米国政府が破綻した場合を除きます。

 

 

あまりにもヘンテコな話だったので、、気になって調べてみました。



 

たのしみステップ

↑住友生命さんのサイトにリンクします。

 

かんたんに言えば、、

「SGI FIA マルチ・アセット指数」なるもので運用

債券・株・その他で運用するバランス型。

中身の見直しはちゃんとしますよ。

たのしみ倍率なるもので、指数が上がった場合、、

 

倍率1.1倍だと。。

5%プラスで10%プラスです!

10%下がっても元本は減りません!

10.5%上がったら10%プラスです!→20%上がっても10%プラスです。と一緒

これって仕組債と同じですよね。。

 

マルチアセット指数は運用手数料0.2%と普通に見えますが。。

解約控除は初年度は5%から逓減型。

 

 

 

一般的な保険でも、金利上昇局面で解約した場合、市場価格調整というなの時価で売却になるため、損失が出ることが多いです。

この場合、解約控除を初年度5%取られ、かつこのマルチアセット指数かたのしみ倍率というものがオプションであった場合、更に損失が出て売却することになります。

 

証券マンの私もなかなか理解できませんし、普通の銀行員にも到底理解できない商品だと思うのですが。。

おそらく、こういった商品を契約したらデリバティブ商品の購入料→銀行さんの儲け、がガッツリ引かれてあんまり増えない商品だと思います。

ま、10年持てば外貨ベースで元本保証されるなのは事実でしょうが。。

一度営業さんに聞いてみるといいと思います。なぜ、たのしみ倍率が保証されるのか。って。

退職金をこういった商品に突っ込んで、意味のわからないリスクを取るんだったら、。

普通に米国債かったり、ETF買いましょうよ。って結論ですよね。

 

保険会社の儲けのからくりをしりたい方は、ぜひ下記の本をお読みください。勉強になりますよ。

 

 

↑読んでみてください。

保険は必要な商品ではありますが、どこにコストがかかっているか考えることは極めて重要です。

加入のウラには必ずコストがあります。
あなたの加入する保険で、営業マンの給料、支店の家賃、課長、部長、支店長の給料、総務の方々の給料。。
もろもろ払ってもいいなら加入の価値があるかもしれませんね。

 

 

 


株式ランキング<

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。