エヌビディアが2019年第2四半期決算を発表

外国株

エヌビディア(ティッカー:NVDA)が2019年第2四半期決算を発表しています。

 

 

エヌビディアに関しては以下でまとめてあります。

 

エヌビディアと自動運転

 

売上高前年同期比40%増の31.2億ドル

前回の膾炙見通し31億ドル±2%の中央値とほぼ同水準。

EPSは92%増の1.94ドルと市場予想の1.85ドルを上回った。

 

 

仮想通貨関連製品の売上高が前回の第一四半期決算で示した見通しを下回った。

Q1では、2.89億ドルのマイニングGPU関連製品の売り上げが1800万ドルまで落ち込み。

 

ゲーミング用GPUの売上は18億ドルと前年同期比52%増

データセンター用GPUは7.6億ドルと前年同期比83%増!!!

 

 

8/17金曜日の株価の反応は

244.82-12.62 (-4.90%)
と大幅下落。
そもそもマイニング向けのGPUの売上は減少すると前回の決算発表でもあったように、、今回の売上見通しの鈍化は特に驚くべきことではありません。
投資家として注目すべき点は、データセンター・自動運転向けです。
素晴らしい伸びの決算だったと思います。
2018年のEPSは4.82ドル
2019年予想EPSは7.93ドルです。



コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。